夫の給料を差し押さえる方法

夫の給料を差し押さえに関するご案内

給料の差し押さえとは

慰謝料や婚姻費用、養育費などが支払われない場合は「相手の給料を差し押さえる」ことが可能です。 現在、債権債務のトラブルや、慰謝料の請求、財産分与に関する差し押さえをお考えの方が、まずやるべきことを詳しくご説明します。 「夫の給料を差し押さえる方法」の詳しい内容についてのご質問は、無料相談ダイヤルまたはメールフォームよりお問い合わせください。


差し押さえの種類

一般的な「差し押さえ」

支払が受けられなくなるのを防ぐために、法律に基づき債務者が持つ債権や財産・資産を処分する権利を剥奪し、これを換価できる状態におく「強制執行」のひとつです。 差し押さえをする対象として、比較的一般的なものに「給与差し押さえ」と「口座差し押さえ」があります。

 

給与の差し押さえ

給料の差し押さえは、銀行や消費者金融などの業者が債権を回収するため、裁判所に申立てをする法的手続きのひとつになります。 債権者(あなた)から申立てを受理した裁判所は、債務者(元夫など)の勤務先に対して、給与の一部を債権者へと直接支払うよう命令を発します。 これにより、債務者に給与を支払う会社は、差し押さえ金額を申立人に対し支払うことになります。


差し押さえができる金額

差し押さえにも、相手の事情を考慮しての金額が定められています。一般的に債務者の給料の4分の1(月給で28万円を超える場合には、21万円を控除した金額)を差し押さえることができます。 ただし、相手が既に退職している場合などに差し押さえはできません


夫の給料差し押さえを行う場合

給与差し押さえの申立てがなされると、裁判所から相手の勤め先に差押命令の書類が送付されます。 その時点で、会社には債務者の情報が知らされることになります。 差押命令書は、到着してから2週間以内に「第三債務者の陳述書」という書面を裁判所に提出しなければいけません。 これは、在籍の有無や支払給料の状況、差し押さえに関する意思の確認などの種類ですが、一般的に馴染みない書類なのでかなり戸惑われます。 しかも2週間という提出期限を破ると損害賠償の義務まで生じることになり、会社にとっては厄介な手続きです。 この時点で、相手には少なからず社会的制裁が生じるため、最も手痛い債権回収の手段と言えるのです。


給与差し押さえをする為には

しかし、いざ相手の差し押さえの申立てをするとなっても、事前に相手の勤務先や資産の情報を把握していなければ一切手続きが出来ません。 そのような場合に、探偵事務所や興信所による調査で、相手の情報を収集しておく事が必須条件となるわけです。

 

給与差し押さえの相談窓口

現在、債権債務トラブルや、慰謝料請求、財産分与に関する給与差し押さえをお考えの方は、まずはあなたの街の探偵社までご相談下さい。


差し押さえに関する資産や行動の調査は、弁護士からの依頼が特に多い調査項目です。 弁護士から手続きは可能ですが、差し押さえに関する様々な調査を行うことは出来ません。 弁護士に書面の依頼をした段階で、依頼者はお手持ちの情報が不足している場合がほとんどです。 あなたの街の探偵社では、調査後の弁護士の紹介や法律サポートも行っております。 弁護士へ差し押さえを依頼する前に、探偵事務所や興信所に調査を依頼することで、最終的にかかる費用を大幅に抑えることができます。 債権、債務トラブルでお悩みの方は必ずご相談下さい。

 
差し押さえ調査 相談窓口


電話で相談
メールで相談

ご相談はこちら(24時間受付)

はじめてのご相談はこちら

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

24時間無料相談見積りフォーム

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(ニックネームでも可)
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

お調べになりたい事柄
現時点の情報
その他質問・要望
希望予算
円くらい

ご相談はこちら(24時間受付)

はじめてのご相談はこちら

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

夫の給料を差し押さえる方法

電話での無料相談・お問合せは
全国共通・365日24時間対応
24時間365日
相談・見積無料