• ホーム
  • ニュース
  • 通報だけでは意味がない? 近隣からの騒音・振動による嫌がらせへの対策法

通報だけでは意味がない? 近隣からの騒音・振動による嫌がらせへの対策法

通報だけでは意味がない? 近隣からの騒音・振動による嫌がらせへの対策法

騒音や振動に関する近隣トラブルのご案内

近隣トラブルで多発する「騒音と振動」

日常に"よくある"トラブル

あなたの街の探偵社に寄せられる近隣トラブルで、最も多いと言っても過言ではないのが、この「騒音・振動トラブル」です。
 
誰もが一度は感じたことがあるご近所の騒音ですが、そのままにしておくと重大なトラブルに発展するケースもあるため、初期段階での解決・対処が求められます。

 
近隣から騒音や振動による嫌がらせを受けている

 

騒音や振動にお悩みの方は…

世間体や風評を気にして「私さえガマンすれば…」と思いがちなのが、こういった近隣トラブルの特徴です。
勇気を出して注意をしても、それをきっかけにさらに悪化する場合もあるため、なかなか個人で対処できない方も多いのではないでしょうか。
 
あなたの街の探偵社では、秘密厳守で調査を行い、速やかな問題の解決をはかります。
ご近所はもちろん、ご家族にも気付かれることなく履行できますので、安心してご依頼いただける探偵社です。
 


実際にあった騒音・振動トラブルの例

こんなこと、ありませんか?

これまであなたの街の探偵社が解決してきた騒音・振動トラブルの中から、特に相談の多いケースをまとめました。
以下のような項目に当てはまる方は要注意かもしれません。

 
実際にあった騒音・振動トラブル
 

集合住宅で相談の多いケース

  • 上の階の住民がわざと大きな足音を立てる
  • 隣の部屋からよく壁を殴られて怖い
  • 私の立てる生活音に合わせて音を出される
  • 同じマンション・アパートで大声を出す人がいる
  • 生活音を注意したところ嫌がらせを受けるようになった

 

一軒家・分譲住宅で相談の多いケース

  • 隣の家から奇声や汚言が聞こえてきて不安だ
  • 近くの駐車場や民家にうるさい車がいるようだ
  • 近所でお経や集会の声がうるさいので注意したい
  • 大音量で音楽やテレビを再生する人がいて困っている
  • ペットの鳴き声や

自分でやってはいけない! 3つの注意ポイント

対処法を間違えると…

近隣トラブルによくあるケースとして
 
「自分で対処をしたら、更に嫌がらせがひどくなってしまった」
 
というご相談があります。
 
ご自分で行える対処には、初期段階で有効なこともありますが、少しでもやり方を間違えてしまうと関係を更に悪化させてしまうことがあるため要注意です。
以下に、勘違いされがちな対処法をまとめました。

 
自分でやってはいけない! 3つの注意ポイント

 

NGポイント1. 張り紙で注意をする

文章の内容にもよりますが、不特定多数の住民が見られるような玄関・ポストへの張り紙は逆効果です。
 
特に、音や振動というのはターゲットを絞らなくても周囲に発することができるため、更に過激化させてしまう場合があります。
 
【改善ポイント】
どうしても注意事項を伝えたい場合は直接「手紙」で行いましょう。

 
 

NGポイント2. 警察への110番通報

タイミングや状況次第では、警察も全く対応してくれないことがあります。
さらに通報を繰り返す場合、被害者のあなたにあらぬ疑いがかけられる場合があるため、過信は禁物です。
 
【改善ポイント】
相手の違法性がとえる場合は、しっかりと証拠を取得した上で警察署に相談へ行きましょう。

 
 

NGポイント3. 仕返し

これは一番やってはいけない方法です。
明確な"仕返し"だけでなく、よくあるケースとして
 
「隣人が騒音を出していることに気づいてもらうために、あえて同じくらいの音を出した」
 
のような行動が「仕返しをされた」と取られて恨みを買い、更にトラブルを泥沼化させてしまうことがあります。
 
【改善ポイント】
何か伝えたいことがあれば、しっかりと面と向かって口頭で注意を行いましょう。

 


騒音・振動トラブルを解決するには…抑えたいポイント

ひどい騒音や振動をやめさせるためには?

騒音・振動トラブルの解決法
 

「長年続く振動をやめさせたい」
「わざと騒音を出されて困っている」

 
などのご相談は、ここ数年で増加している傾向にあります。
とくに音や振動での攻撃は故意を証明しづらいこともあり、日常で起きやすいトラブルです。
 
そうした音や振動で長年お悩みの方が「対処」だけでなく「解決」を目的とした場合、どうしたらよいのでしょうか?

 
 

解決ポイント1. 「音や振動の発生源の特定」

まずは「どこから」「どんな音・振動」が発せられているのかを把握しなければいけません。
 
人から発せられる音なのか、機械が用いられてるのかなど、様々な要因でその後の動き方が変わってきます。
 
「隣からの壁の振動かと思っていたら、実は上の階から発せられていた」
 
といったこともあります。
今一度、しっかりと被害状況を確認しましょう。

 
 

解決ポイント2. 「加害者の身元の特定」

次に、「どこの誰が」やっているのかを明白にしましょう。
 
当たり前ですが、相手がはっきりしていなければ、止めさせることはできません。
 
相手のことをよく知ることで不安の解消にもつながりますし、訴えに出る際には絶対に必要な情報となってきますので、「分かったつもり」にならず、今一度しっかりと再確認することをお勧めします。

 
 

解決ポイント3. 「証拠保全」

これは「証拠の取得」を意味し、警察や大家(または管理会社)への訴える際に必要となります。
 
具体的にはケースバイケースですが、「被害の程度と日時」をはっきりと記録することが最低条件です。
できれば、第三者からの客観的な視点を備えた証拠があれば、更に強固なものとなるでしょう。

 
 

解決ポイント4. 「専門家に相談」

情報と証拠を取り揃えた上で、それを用いて「騒音・振動を止めさせる」ための行動を起こさなければなりません。
 
そうした際に、被害者のあなただけで行動するのではなく、専門家などの第三者の存在が最も効果的です。

 


近隣での騒音・振動トラブル 相談窓口

すぐにご相談ください

あなたの街の探偵社では、これまで数々の近隣トラブルを解決しています。
音や振動に関する専門担当員やカウンセラーなどが解決までサポートいたします。
 
特にこうした近隣トラブルは、些細なきっかけから重大な事件に発展することがあります。
手遅れになる前に、必ずご相談ください。 もちろん相談は無料です。


電話で相談
メールで相談

ご相談はこちら(24時間受付)

はじめてのご相談はこちら

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

24時間無料相談見積りフォーム

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(ニックネームでも可)
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

お調べになりたい事柄
現時点の情報
その他質問・要望
希望予算
円くらい

ご相談はこちら(24時間受付)

はじめてのご相談はこちら

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

通報だけでは意味がない? 近隣からの騒音・振動による嫌がらせへの対策法

電話での無料相談・お問合せは
全国共通・365日24時間対応
24時間365日
相談・見積無料